Now Playing Tracks

居眠りをしてしまう程過労した状態で運転するのは、酒酔い運転と同じぐらい危険な運転です。


ですから・・・もし居眠り運転をして事故を起こした場合は、「景色を眺めてて前方を良く見ていなかった」とか「オーディオを操作してて、前を良く見ていなかった」とか言い訳しろと言いますよね。
根拠は『疲労運転等」の罪が非常に重いからです。



蛇足ですが、
風邪薬等を飲んで眠くなってしまうような状況で運転した場合
「麻薬等運転」が適用されます。
これも、酒酔い運転や、過労運転等と同じで非常に重い罪です。
運転免許 交通違反 「過労運転等」について運転免許の交通違反で「過労… - Yahoo!知恵袋

十数年の研究と整備を経て、2014年6月にトヨタは12月に日本市場で率先して燃料電池自動車を発売すると発表した。このコンセプトカーは2013年11月に東京モーターショーに出展され、わずか3分の水素充填時間で700キロ以上走行できる。トヨタはまず東京、名古屋、大阪、福岡の4大都市で燃料電池自動車を販売する計画である。

燃料電池自動車は世界で最も環境にやさしい次世代の自動車であることから、世界のほとんどの大手メーカーが開発を争っている。専門家は、燃料電池自動車は本当の意味でのエコカーであり、エネルギー不足の緩和と環境保護に大きく貢献し、追い上げる可能性があると見ている。

日本の新エネルギー車はどこに向かうのか_中国網_日本語

原発停止で電気料金が上昇する中、次世代エネルギーとして有力視される「水素」関連の各省庁の予算要求の合計が約500億円となることがわかった。

 これは、5日に開かれた自民党の部会で各省庁から示された資料からわかったもので、燃料電池車への補助金や燃料電池船の設計など、各省庁が出した来年度の水素関連の予算要求の合計は約500億円となった。一部が燃料電池車に使われる補助金の300億円も合わせると、合計で800億円を超えることになる。

 原発の停止で火力への依存度が高まり、次世代エネルギーの早期の実用化が必要となる中、各省庁が水素エネルギーの実用化に向けた動きを強めた格好。

 燃料電池車向け水素ステーション設置のための補助金などに110億円を求めている他、2020年の水素発電の実現に向け、海外の安い水素を大量に日本国内に輸送し、利用するための実証事業に38億円を要求している。燃料電池車は今年度中にも市販化される見通し。

「水素」関連の予算要求、約500億円に | 日テレNEWS24

工場や発電所から出る二酸化炭素(CO2)を地中深くに閉じ込める「二酸化炭素回収・貯留(CCS)」という技術の実用化に向けて、政府が本腰を入れている。地球温暖化の原因とされるCO2の排出量を削減する狙いで、北海道で初の大規模実証事業を進めているほか、今秋から日本近海で適地調査に乗り出す方針。環境省と共同でCCS事業を進める経済産業省の幹部は「地球温暖化対策の切り札となる革新的技術」と強調、2020年ごろの実用化を目指している。

 CCSは、工場などの排ガスを溶剤に通すなどしてCO2を分離・回収し、地中深くに閉じ込める仕組み。海外ではノルウェーなどで事業化されている。日本では、4月に閣議決定したエネルギー基本計画で、20年ごろの実用化を目指して研究開発を進めるという方針が打ち出された。

 CCSの実用化に向けて、政府は「実証事業」「適地調査」「技術開発」の3本柱で取り組みを進める考え。

 中でも中核事業と位置づけるのが北海道で行っている大規模実証事業。出光興産の北海道製油所(苫小牧市)の敷地内に専用設備を設け、実際に分離・回収したCO2を地中に貯留する計画を12年度から進めている。電力会社やガス、石油、エンジニアリングなど35社が出資する日本CCS調査(東京都千代田区)に委託し、今年7月には関連設備の建設に着手した。16年度からCO2を地下に送り込む作業を始める予定だ。

【すごいぞ!ニッポンのキーテク】二酸化炭素の海底貯留「CCS」の実用化へ CO2封じ込めの切り札+(1/2ページ) - MSN産経ニュース
この五〇年より前は、資本主義社会あるいは社会主義社会という、経済至上主義の時代だった。あるいは政府自らが社会を救うとの信条が隆盛を極めた時代だった。2020年より先の人たちは「カネが中心の社会って、どんな社会だったのだろう」「政府にそんなことまで期待していたのか」といぶかる。ドラッカーはさらにもっとたつと、歴史家の研究を待たねばならなくなるという。
 われわれがとんでもない大転換期にあるということは、今や日本でも常識となった。現在の閉塞的な状況が明日の飛躍のための雌伏期だったと思い返されるようになる可能性は、十分にある。そうでなければ困る。
7:ITが変える世の中
ポストIT社会のサイバー空間は、既にインターネットがそうであるように、無政府空間だ。それでもそこにはルールが必要であり、節度も倫理も必要。国境を越え、政府という権力の構造を超え、影響を受けるひとびとが、自発的に受け入れるルールをどう作っていくか。それがサイバー空間のガバナンスの問題だ。
hayashiland.com/takasaki.pdf
リアル社会のビジネスは「交換学」と「至富学」で成り立っていた。前者は商業、後者 は製造業やサービス業の基本だ。ポストIT社会ではこれにサイバー・ビジネスが追加さ れる。 サイバー・ビジネスでも、人間が何かを作り出し、それを別の人間が消費して効用を得 るという仕組みは変わらない。ただ、発注、配送、決済がすべてネット上で完結するサイ バー・ビジネスでは、新たなビジネス・モデルが必要となる。例えば、ナップスターやヌ ーテラのように、音楽ソフトの交換がネット上で無料でできる仕組みが普及すれば、著作 権で保護された楽曲を乗せたメディアを代金と引き替えに販売するモデルは成り立たなく なる。消費者の効用をクリエーターに還元する新しい仕組みが必要となる。
hayashiland.com/takasaki.pdf
IT革命という言葉は、普通ITが引き起こす大きな変化という意味に使われる。しか し、革命の本質は、歴史上の他の革命と同様、権力および財産権の大幅な移動、再定義、 再配分にある。ポストIT社会では、それ以前の社会で信じられていた価値が崩壊し、資 源と思われていたものが資源でなくなり、反対に、思いがけないものが新たな価値を獲得 し、人を動かす力も新たな源泉に基づくことになる。 組織内では中間管理職が存在意義を失い、ITでバイパスされる仲介・移動・単純卸・ 翻訳機能などは経済的価値を失う。反対に、コピーできないもの、オリジナルなもの、土 着の文化などの価値が高まり、財力、権力よりも知力が新たな権力の源泉となる。
hayashiland.com/takasaki.pdf
経済体制の進化のある時期において は経済的価値と金銭的価値とは緊密に混合していた。 その当時においては、二つのタイプの価値は一致し ていたので、調和的な関連があった、ということが できる。そのような状況の下では、金銭的な価値は 経済的価値を反映していたし、おおよその尺度で あった。経済体制の発展の別の時には、これら二つ の価値のタイプの流れは相互に離れて、二つの価値 のタイプの間の不一致が現われてきた。このような 状況の下では、金銭的な価値は、もはや経済的価値 の適切な尺度ではない。金銭的価値と経済的価値と の間の一致の欠如から社会が直面している根本的な 経済問題が生じてくる。
www.media.saigaku.ac.jp/bulletin/pdf/vol9/management/19_uchida.pdf
1288年当時の青銅製の銃身が中国で発掘されたことで、モンゴル支配下の中国が火槍から銃へ装備を変えたことが明らかになり、さらにこれまで銃は西欧発明と考えられてきたが、銃はモンゴル帝国を通じて、ヨーロッパへ伝わったとされる。1326年のスウェーデンにおける壷型の銃も発見されているが、これはモンゴル帝国に支配されていた南ロシアから伝わった銃が変形したものと考えられている。
火槍 - Wikipedia
We make Tumblr themes