Now Playing Tracks

実際、エクソンモービルですら「生産すればするほど赤字になる」と悲鳴を上げている状態で、到底、長続きするとは思えない。シェールガスの大規模開発が始まって8年。採掘の経験が増えるにつれ、ガスの産出量の減少が在来型のガス田より早いことが明らかになっている。

多くのシェールガス田ではガスの産出が始まって3年経つと産出量が75%以上減少する。ガスの産出量を維持するためには、次々と新しい井戸を掘り続けなければならず、毎年3割以上をリプレースしなければならない。典型的な「自転車操業」で、米国全体で2012年に420億ドルものコストがかかったと言われている。

一方、米国全体で産出されるシェールガスの売上高は325億ドルなので、年間100億ドルもの赤字経営を強いられていることになる。開発企業は有望な場所から順にガスを採取するので、今後、新たな井戸を掘り当てても、産出量はあまり多くないと考えられる。

加えてバブルのあおりを受けて、ガス業界は掘削技術者の獲得と報酬確保に必死になっている。2013年にはシェールガス探鉱ブームは終わり、今後は技術革新を進めるなどして生産コストをどこまで下げるかが焦点となっている

なぜシェールガスはカベにぶつかっているのか | トレンド | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

要因は極めて簡単で、シェールガス自身は決して安い化石燃料ではないからだ。成分は在来型の天然ガスと同じだが、掘削が困難なため採算性の面から石油メジャーですらその開発に二の足を踏んできた。

ところが、シェールガスが喧伝されると、ベンチャー企業が投資家から資金をかき集めて開発・生産競争に走ったために、米国の天然ガスは大幅な供給過剰となった。その結果、指標価格であるヘンリー・ハブ価格が12.17ドル(百万BTU当たり、2008年6月時点)から2.68ドル(2012年5月時点)に急落し、日本で「シェールガスは安い」という誤った認識が広がった。

なぜシェールガスはカベにぶつかっているのか | トレンド | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
苦境に陥っているのは日本企業ばかりではない。2013年10月には、ロイヤル・ダッチ・シェルが240億ドルを投じた米国のシェールガス事業が失敗に終わったとの観測が高まっている。英ブリティッシュ・ペトロリアムもすでに21億ドルの評価損を計上しており、「不良鉱区」をつかまされた海外のオイルメジャーの間ではシェールガス・ブームは一気に冷え込んでいる。
なぜシェールガスはカベにぶつかっているのか | トレンド | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
2013年12月20日、大阪ガスは、テキサス州で進めていたシェールオイル・ガス田開発で想定通りの生産ができないと判断、290億円の特別損失(投資総額330億円)を計上すると発表した。北米のシェールオイル・ガスは、中東へのエネルギー依存度の高い日本にとって、調達先の分散という意味で、大きな期待が寄せられていた。大阪ガスは日本企業として初めてシェールガス開発に直接投資に乗り出し、資源の上流に食い込み、安定調達を図ろうとしたが、頓挫した格好だ。
海外での資源開発では石油をはじめ銅、亜鉛などの非鉄金属を含めて日本企業は痛い目にあい続け、なかなか収益が出るところまでたどり着けない歴史がある。シェールガスについても同じ道をたどることになるのだろうか。また、原発の再稼働が見込めない中で、エネルギー調達コストが上昇を続け、国富の流出が止まらない。LNGなど足元を見られた高額取引を強いられている一方、老朽火力をフル稼働させ続けるリスクや、CO2排出に対する国際世論の批判も大震災から3年近い月日がたつなかで、無視できない状況になり始めている。
なぜシェールガスはカベにぶつかっているのか | トレンド | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
水素ステーションは2種類に分類できる。構内で原料から水素を作り出すオンサイト式と、水素を外部から持ち込んで供給するオフサイト式だ。2013年度の補助金案件は、オンサイトが2件(東京ガス1件とJX日鉱日石エネルギー1件)、オフサイトが17件だった
電気自動車:水素供給の形が見えてきた、3社の設備の違いとは (1/2) - スマートジャパン

千葉県では地表から天然ガスが湧出する地域があり、このガスによる事故が発生している。事故を防ぐため、家屋の床下の基礎部分にガスを逃がす仕組みを設置している地域もある。鹹水のメタン発酵に伴い生成されるガスが地下水中で過飽和になることで遊離ガスとして発生し、これが地上まで上昇してくることによる。

南関東ガス田 - Wikipedia
現在の千葉県大多喜町において、1596年(慶長元年)に発見された説がある。1891年(明治24年)に、大多喜町において醤油醸造業者である山崎屋太田卯八郎が水井戸を掘ったところ、真水は出ず「泡を含んだ茶褐色を呈する塩水」ばかり湧出するため、落胆して吸っていた煙草をこの泡へ投げ込んだところ、泡が青白い炎を上げて燃えあがり、居合わせた人たちが一堂に驚いた、との記録が残されている
南関東ガス田 - Wikipedia
地下において高い圧力下にある場合はメタンは地下水に溶けているが、大気圧のもとでは水にほとんど溶けないことから、地下水の汲み上げを行うとメタンガスが自ら分離して発生することとなる。南関東ガス田は他の水溶性ガス田に比べて鹹水に溶けているメタンガス濃度が99%と非常に高いのが特徴で、単なる化石海水ではなくメタンハイドレートを起源とするなどの説もある
南関東ガス田 - Wikipedia
We make Tumblr themes