Now Playing Tracks

「女・阪田真紀子は今年1月下旬、大阪・ミナミで若い男に声をかけられた。 この男が事件の主犯、甲南大4年(無期停学処分)の蒔田文幸被告(24)=虚偽告訴罪で起訴=だった。京都市山科区に自宅があった蒔田被告は、その日のうちに女のマンションに転がり込んだ。
 同棲を始めた直後、2人は恐喝を企てる。
 
 出会い系サイトで知り合った男性を交際に応じる素振りでだまし、
そこに蒔田被告が登場、因縁をつけて示談金を巻き上げるという「古典的」な手口を試みた。しかし悪巧みは失敗に終わる。」

阪田真紀子と蒔田文幸による次の悪だくみが、チカンでっち上げで示談金をせしめることだった。

「。。何もしていなかった男性は、当然の事ながら否認しつづけた。阿倍野署は女にスカートの任意提出を求めた。
男性の手の微物と照合するためだ。

 女は当初、スカートの提出を言葉を濁してかわしていた。
しかし、再三の提出要求にもう逃げ切れないと思ったのか、
事件から6日後の2月7日午後、「申し訳ないことをした」と泣きじゃくりながら同署に電話を入れて犯行を告白、深夜に自首してきたという。」
阪田真紀子によるチカンでっち上げ 生活保護費の公金横領犯罪施設: 地声人語日記
今年6月、「いじめを受けている友人を護れなかった」という遺書を残して、少年は自殺した。あれから3ヶ月、少年の遺書が泣いている。

 容疑者:越尾寛、設楽一輝、菅原海生、川崎裕太
両親が遺書を公開した。
「いじめを受けている友人を護れなかった」と書き残して6月7日に自殺した、市立中学3年の少年(享年14)の遺書だ。
少年が自殺したのは、修学旅行から戻った翌日の代休日。川崎市麻生区にある自宅のトイレで、硫化水素と見られる有毒ガスを発生させ、自ら命を絶った。遺書は、ふたがしまった便器の上に置かれていた。
少年は遺書で、4人の同級生の実名を挙げ、こう書いていた。「例え死人となっても、必ず復讐します」
この3ヵ月、両親は、少年が命を賭して訴えたいじめの実態解明と、4人の同級生の謝罪だけを求めて、学校との話し合いを続けてきた。
いじめ問題を糾弾するブログ(英:The blog which impeaches a bullying problem) : 神奈川県川崎市いじめ自殺事件

生徒の名前は篠原真矢(まさや)。当時14歳。素直で優しそうな少年だ。自殺する2日前という修学旅行での写真には、ピースサインをする笑顔が写っている。

匿名の一生で終わらせたくない

   リポーターの阿部祐二が両親に心境を聞く。母親は「いまでも毎日思い出します」。自殺したのは自宅1階のトイレだった。そのトイレにはまだ入れない。頑固で曲がったことの嫌いな子だった。友人をかばっていたら、自分も標的になり、繰り返し叩かれたりズボンを下ろされたりされたという。遺書があり、いじめた同級生4人の名前が記されていた。うち3人が暴力行為処罰法違反容疑で書類送検され保護観察処分となった。


   実名の公表について、両親は「悪いことをしたわけでもないのに、名前を伏せられていて可愛そうだと思っていた。困っている人を助けることの大切さを教えてくれた真矢という人間が生きていたということを覚えていてほしい」と話す。息子が匿名のままの一生に終わることは両親にとって耐え難いことだったに違いない。

いじめ自殺の中学生―卒業式で両親が実名公表「覚えていてほしい」 | ニコニコニュース

労働基準法では1日の労働時間を原則8時間として、残業や休日・深夜の労働には企業が割増賃金を払うことを義務づけている。一方、企業には人件費を抑えたり、もっと効率的な働かせ方を取り入れたりしたいという要求がある。

 いまは部長級などの上級管理職や研究者などの一部専門職に限って、企業が労働時間にかかわらず賃金を一定にして残業代を払わないことが認められている。今回の提言では、この「残業代ゼロ」の対象を広げるよう求める。

 対象として、年収が1千万円以上など高収入の社員のほか、高収入でなくても労働組合との合意で認められた社員を検討する。いずれも社員本人の同意を前提にするという。また、当初は従業員の過半数が入る労組がある企業に限り、新入社員などは対象から外す。

「残業代ゼロ」一般社員も 産業競争力会議が提言へ:朝日新聞デジタル
To Tumblr, Love Pixel Union